GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトは現地時間11月24日に行われたアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式で現在所属しているレーベルへの賛辞を寄せている。

ロサンゼルスにあるマイクロソフト・シアターで行われたアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式でテイラー・スウィフトは、アーティスト・オブ・ザ・イヤー賞、フェイヴァリット・ミュージック・ビデオ賞、ポップ・ロック部門のフェイヴァリット女性アーティスト賞、ポップ・ロック部門のフェイヴァリット・アルバム賞、アダルト・コンテンポラリー部門のフェイヴァリット・アーティスト賞、そしてアーティスト・オブ・ザ・ディケイド賞という6つの賞を受賞している。

現在、ビッグ・マシーン・レコードのスコット・ボーチェッタとそのレーベルを購入したアーティスト・マネージャーのスクーター・ブラウンと論争になっているテイラー・スウィフトだが、受賞スピーチで論争に直接言及することはなかったものの、「どんな音楽でも作ることができる」自由を与えてくれていることや、自身が全音源を所有することを認めてくれていることについて現レーベルであるリパブリック・レコードに賛辞を寄せている。

ポップ・ロック部門のフェイヴァリット・アルバム賞を受賞する際には次のように語っている。「素晴らしいことだわ。本当に難しい部門よ、ええ。ファンのみんな、ありがとう」

「このアルバムを一緒に作ってくれた人たちにお礼を言う機会にしたいのよ。彼らは素晴らしくて、とても楽しかったから」と彼女は続けている。

「オーケー、ああ……受賞できるなんて思ってなかった。このアルバムは新たな出発点になると痛感しているわ」

この日の授賞式でのパフォーマンスについて当初は過去の楽曲を演奏することを認めていなかったスコット・ボーチェッタとスクーター・ブラウンだが、最終的にカタログの楽曲もパフォーマンスすることを認めている。

テイラー・スウィフトはこの日、6曲をメドレーの形で披露し、“Shake It Off”のパフォーマンスにはホールジーとカミラ・カベロも参加している。

この日のセットリストは以下の通り。

‘The Man’
‘Love Story’
‘I Knew You Were Trouble’
‘Blank Space’
‘Shake It Off’
‘Lover’

今年のアメリカン・ミュージック・アウォーズでは他にビリー・アイリッシュがニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー賞とオルタナティヴ・ロック部門のフェイヴァリット・アーティスト賞を受賞している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ