GETTY

Photo: GETTY

テイラー・スウィフトはショーン・メンデスのヴァースを加えた“Lover”のリリック・ビデオが公開されている。

通算7作目となる最新作のタイトル曲である“Lover”だが、リミックスはショーン・メンデスが様々なプランを提案してテイラー・スウィフトに求愛する内容となっている。

“Lover”リミックス版のリリック・ビデオはこちらから。

今回のショーン・メンデスとのコラボレーションについてテイラー・スウィフトは次のように語っている。「本当にワクワクしていることについて伝えたいんだけど、“Lover”の新しいバージョンが登場します! これは、私がとても大ファンで、長年知っている人をフィーチャーしたリミックス。そして、その人は、私がいつか必ずコラボしたいと思っていた人。その人とは……ショーン・メンデス!彼には“Lover”の歌詞も少し書き下ろしてもらったの、だって作詞家としての彼も大好きだから、それはとても大切な作業だったの。そしてこうも思う、好きな人にあてるラブレターはみんなそれぞれ違う内容だよね。彼はそれをとっても美しく仕上げてくれた。みんなが気に入ってくれると嬉しいな」

テイラー・スウィフトは11月24日にアメリカで最も権威のある音楽賞のうちの一つ、アメリカン・ミュージック・アウォーズ2019でこの10年間に最も活躍したアーティストに贈られるアーティスト・オブ・ザ・ディケイド賞を授与されている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ザ・ビートルズ: Let It Be』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ