Jenn Five /NME

Photo: Jenn Five /NME

ジェイク・バグが制作中のニュー・アルバムの進捗について最新情報を語り、ほぼレコーディングし終えたと明かしている。

今年7月にジェイク・バグはザ・ビースティ・ボーイズのマイク・Dとレコーディングを行っていることを明かし、ニュー・アルバムについてこれまでの作品よりも「暗くなる」と語っている。

11月6日にツイッターを更新したジェイク・バグは、ファンであるノッツ・カウンティFCに触れながら、最新作の情報を公開している。

アルバムはほとんど終わったんだ。でも、より重要なのは、ノッツ・カウンティFCが今夜FAカップでサルフォード・シティと戦うんだ。

ジェイク・バグは昨年リリースした『シャングリ・ラ』以降リリースがなく、昨年10月に行われたウォルヴァーハンプトン市民ホールでのライヴで2曲の新曲を披露している。

7月にBBCに対してジェイク・バグは次のように語っている。「ニュー・アルバムについてはロサンゼルスでビースティ・ボーイズのマイク・Dと一緒にやっているんだ。彼は本当にクールな人なんだよ」

ヒップホップのレジェンドと一緒にやることについて尋ねられると、ジェイク・バグは次のように答えている。「アイディアが帰ってきて、意見をもらえたのはいい考えだったね。彼がクールと言ったら、それはクールなんだ。未公開のビースティ・ボーイズのミックステープも聴かせてもらったよ」

2月に『NME』には次のように語っている。「これまでとは違うんだ。いくつか暗い曲があってね。今回はテンポの速い曲はそんなにないんだけど、今後出てくるかもしれない。詞の内容としても同じものにはならないだろうね。経験してこなかったことがあるわけだからさ。ちょっとよりダークになるだろうね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ