PRESS

Photo: PRESS

スクエアプッシャーはニュー・アルバム『ビー・アップ・ア・ハロー』を1月31日にリリースすることが明らかになっている。

トム・ジェンキンソンにとってスクエアプッシャー名義でのアルバムは2015年発表の『ダモジェン・フューリーズ』以来となる。新作は『ダモジェン・フューリーズ』や『ユーファビュルム』を制作する際に使ってきたソフトウェアを使わず、90年代初期のアナログ・シンセやヴィンテージのエフェクター、コモドールVIC-1001を使用して制作されたという。

アルバムからは新曲“Vortrack”とそのリミックスが公開されている。

新作についてトム・ジェンキンソンは次のように語っている。「自分がエレクトロニック・ミュージックを書き始めた頃、つまり90年代に自分が使っていた、そういう機材を使って新作を作りたいと思った。とにかくやりたかったのは、何かに取り組み、仕上げ、そして次に進む、ということ。今回のアルバムは直球で、インパクトに満ちた響きにしたかったんだ」

トム・ジェンキンソンは自身が作曲を手がけ、オルガン奏者のジェイムズ・マクヴィニーが演奏したアルバム『オール・ナイト・クロマ』が9月27日にワープ・レコーズよりリリースされている。

新作『ビー・アップ・ア・ハロー』のトラックリストは以下の通り。

A1. ‘Oberlove’
A2. ‘Hitsonu’
A3. ‘Nervelevers’
A4. ‘Speedcrank’
A5. ‘Detroit People Mover’
B1. ‘Vortrack’
B2. ‘Terminal Slam’
B3. ‘Mekrev Bass’
B4. ’80 Ondula’

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ