GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイは今週末に開催されるアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式で『ドゥーキー』の25周年を祝福するパフォーマンスを行うことが発表されている。

1994年にリリースされたグリーン・デイのアルバム『ドゥーキー』は今年で25周年を迎えているが、米『ビルボード』誌によれば、グリーン・デイはアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式で同作に収録されている“Basket Case”と新曲“Father of All”をパフォーマンスする予定だという。

グリーン・デイはツイッターでアメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式への出演を発表して、次のように述べている。「今週の日曜日にどこへ行くべきかは知っていてくれているよね」

アメリカン・ミュージック・アウォーズの授賞式は現地時間11月24日に開催される。

グリーン・デイは現地時間10月30日にマドリードで行った公演で『ドゥーキー』の全編演奏ライヴをサプライズで実現させている。

1994年発表のアルバムを全編演奏することを予告していたグリーン・デイだが、MTVヨーロッパ・ミュージック・アウォーズを前にスペインで緊急ライヴを開催して、その場で全編演奏を披露している。

アメリカン・ミュージック・アウォーズは現地時間11月18日の授賞式でパフォーマンスを行うさらなるラインナップを発表して、オジー・オズボーンがポスト・マローンやトラヴィス・スコットとの共演でライヴへの復帰を果たすことも明らかになっている。オジー・オズボーンは授賞式で彼らとのコラボレーションとなる“Take What You Want”を披露する予定となっている。

授賞式には他に、過去の楽曲を演奏することについて前レーベルのビッグ・マシーンから許可が出されたことが明らかになったテイラー・スウィフトが出演するほか、クリスティーナ・アギレラやビリー・アイリッシュ、ジョナス・ブラザーズらが出演することが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ