Nandi Bushell YouTube/Getty

Photo: Nandi Bushell YouTube/Getty

9歳のドラマーがニルヴァーナの“In Bloom”をカヴァーした驚くべき映像が話題となっている。

ドラマーのナンディ・ブシェルは“In Bloom”のドラム・パートを演奏する映像を11月11日に公開しており、記事執筆時点で30万回を超える再生回数を記録して、ソーシャル・メディアで広く拡散している。

デイヴ・グロールとしのぎを削るようなそのドラムは音楽に反応して、シンバルを激しくキめ、カート・コバーンのヴォーカルの上でスクリーミングするものとなっている。

「ニルヴァーナの“In Bloom”だったら1日中、ジャムできるわ。ニルヴァーナは大好きだもの」とナンディ・ブシェルは映像のキャプションに添えている。「今のところ、ニルヴァーナはトップ5に入るバンドよ。デイヴ・グロールがテネイシャスDのジャック・ブラックやフー・ファイターズ、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジで叩いていることも分かったの」

彼女は映画『スクール・オブ・ロック』が「世界最高の映画」だとも評している。

公開されている映像はこちらから。

「NPR」によれば、ナンディ・ブシェルはイギリスの小売店「アルゴス」のCMにも出演して自身のドラム・テクニックを披露している。彼女はレニー・クラヴィッツとも共演しており、クエストラヴとも交流があるという。

ナンディ・ブシェルは9月にニルヴァーナの“Smells Like Teen Spirit”を演奏した映像も公開しており、他にもビリー・アイリッシュ、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、プリンス、ザ・ポリス、システム・オブ・ア・ダウンなどもカヴァーしている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ