Getty

Photo: Getty

新たに公開された歴史文献によると、ジョン・レノンの大叔父はヴィクトリア時代のリヴァプールに住んでいた複数の犯罪歴を持つ人物であるという。

6月29日に190万件以上の法的記録および犯罪記録がインターネット上に公開された。これらの記録はイギリス国立公文書館により初めてデジタル・データベース化されたもので、「Find My Past」というウェブサイトで確認することができる。

『インディペンデント』紙は、それらの記録からウィリアム・レノンという人物の1876年から20年間にわたる犯罪歴が見つかったと伝えている。

ウィリアム・レノンは複数回におよぶ強盗やスリ、その他の犯行で有罪判決を受けており、1985年には偽造貨幣の所持も発覚している。また、刑務所の記録では、この人物には15カ所の傷跡があったともされている。

一方、ジョン・レノンは、ザ・ビートルズのデビュー曲“Love Me Do”の演奏時に使われたギターが、50年振りに発見されている。このギターはオークションにかけられることになっている。

1962年のデビュー当時にレノンが使っていたギターであるギブソンJ−160Eは、翌1963年になぜか所在不明となってしまい、二度と出てくることはないと考えられていた。しかし最近、アマチュア・ミュージシャンのジョン・マコウが、1970年代にこのギターをサンディエゴにて「数百ドルで」購入し、所有していると名乗り出ている。

ギターはロサンゼルスにあるオークション会社、ジュリアンズ・オークションにて11月6日、7日に競売にかけられる予定だ。予想では60万ドル(約7367万円相当) から80万ドル(約9823万円相当)の値が付くと見られている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ