GETTY

Photo: GETTY

ノエル・ギャラガーは本日11月14日日本時間16時にリリースされる新曲の一部が公開されている。

ノエル・ギャラガーのソーシャル・メディアに投稿されたこの音源は、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの来たる今年3作目のEPに収録される楽曲の一部と見られている。新曲はBBCラジオ2の番組 「ザ・ゾーイ・ボール・ブレックファスト・ショウ」で初公開される予定となっている。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは今年リリース予定の3作のEPのうち、6月に『ブラック・スター・ダンシング』を、続いて9月27日に2作目となる『ディス・イズ・ザ・プレイス』をリリースしている。

ノエル・ギャラガーの投稿はこちらから。

『NME』はノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの今年2作目となるEP『ディス・イズ・ザ・プレイス』について4つ星を付けたレヴューで次のように評している。「マンチェスターの持つ魅力について綴ったトニー・ウォルシュの詩を引用したい。『至極の曲。僕らが歌う最高の曲。スタンドから、僕らのバンドから、この惑星全体を揺らすんだ』。ノエル・ギャラガーは自らがそのような楽曲を作り出したことを間違いなく覚えているだろうが、彼は自身のルーツに立ち返りながらも、それを見知らぬ新しい土地へと導いている」

「オアシスがその大言壮語に見合う勇気をキャリアの後期に持っていたとしたら、果たしてどうなっていただろうか」

ノエル・ギャラガーは2020年にロンドンのケンウッド・ハウスにて大規模な屋外ライヴを行うことも発表されている。

一方、ノエル・ギャラガーは先日、リアム・ギャラガーよりもボリス・ジョンソン英首相を兄弟にしたほうがマシだと語っている。

「ボリスのほうが楽しませてくれるとは言えるよな」とノエル・ギャラガーは『デイリー・スター』紙に語っている。「英語の使い方は彼のほうが秀でているね」

一方で、ノエル・ギャラガーは見た目においてはリアム・ギャラガーに軍配が上がることを認めている。「見た目はリアムのほうがいいけどな」と彼は語っている。「俺はきっと、2人のどちらともうまくいかないだろうな」

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ