Sesame Street

Photo: Sesame Street

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは「セサミ・ストリート」に出演した映像がオンラインで公開されている。

デイヴ・グロールは昨年、「セサミ・ストリート」が2019年で50周年を迎えることを記念して番組のキャラクターであるエルモやビッグバードと共に楽曲をレコーディングしたことが明らかになっていた。デイヴ・グロールについてはその後、スタジオで番組のキャラクターたちと撮影した写真もオンラインで公開されている。

今回、「セサミ・ストリート」は現地時間11月16日から始まる新シーズンで番組が50周年を迎えることを記念して、デイヴ・グロールらによってレコーディングされた“Here We Go Song”のフル・バージョンが公開されている。

現地時間11月12日にYouTubeで公開された映像のなかで、エルモは視聴者にデイヴ・グロールを次のように紹介している。「やあ、みんな。僕らの友達のデイヴ・グロールさんだよ」

「やあ、ここ来て友達のビッグバードやエルモと過ごせたことを嬉しく思っているよ」とデイヴ・グロールは興奮気味に応じている。「ところで、友達って至る所にいるんじゃないかって思ったんだ。それが知らない人たちであってもね」

映像はその後、デイヴ・グロールたちが“Here We Go Song”をパフォーマンスしながらアメリカのあらゆる場所を訪れて、新しい友達と出会っていくというものになっている。「アメリカの至る所にいるんだ」とコーラスでは歌われ、次のように続いている。「僕の住むストリートから、君の住むストリートに至るまでね」

フー・ファイターズの公式アカウントは現地時間11月12日にツイッターにこの動画を投稿して、次のように述べている。「さあ、行こう! セサミ・ストリート!」

「これはセットリストに新たに加えられるべきだね」とファンの1人はこのツイートに返信しているほか、別のファンは次のように述べている。「フー・ファイターズがニュー・アルバムに取り組んでいるとは聞いていたけど……これは想像していなかったな」

デイヴ・グロールは2015年にはテレビ番組「ザ・マペッツ」にも出演して、番組のキャラクターであるアニマルとのドラム対決を披露している。

一方、フー・ファイターズはB面曲が収録された新たなEP『02050525』を11月8日にリリースしている。これはバンドの25周年を記念してリリースされたもので、本作には5作目のスタジオ・アルバム『イン・ユア・オナー』期にレコーディングされた“Spill”などが収録されている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ