GETTY

Photo: GETTY

ザ・ブラック・クロウズはデビュー・アルバム『シェイク・ユア・マネー・メイカー』の30周年を記念した再結成ツアーの日程を発表し、その際にスタジオ・ライヴも披露している。

先日、ザ・ブラック・クロウズはウィスコンシン州やニュージャージー州でバンドのロゴが描かれた広告が発見され、解散から4年ぶりに再結成を果たす可能性が示唆されていた。

再結成はラジオDJのハワード・スターンによって発表されており、彼は現地時間11月11日にクリスとリッチのロビンソン兄弟率いるザ・ブラック・クロウズが待望の再結成ツアーを行うことを明らかにしている。

番組の中でロビンソン兄弟は“Jealous Again”、“She Talks to Angels”、“Hard to Handle”の3曲を披露しており、その映像が公開されている。

パフォーマンスの映像はこちらから。

再結成ツアーは現地時間6月17日にテキサス州オースティンで行われる公演からスタートして、北米の各都市を回って現地時間9月19日に行うロサンゼルス公演で締めくくられる予定となっている。

ツアーでは『シェイク・ユア・マネー・メイカー』が全編演奏されるほか、「あらゆるヒット曲」も合わせて披露されるという。再結成に参加するメンバーとしてはロビンソン兄弟のほか、アースレスのギタリストであるイザイヤ・ミチェルやデヴィッド・ボウイの『☆(ブラックスター)』に参加したベーシストのティム・ルフェーブル、キーボーディストのジョエル・ロビノウ、ドラマーのオージャーというラインナップになることが発表されている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ