Brian Lowe

Photo: Brian Lowe

キッスはポール・スタンレーがインフルエンザにかかったために今週より予定されていた「エンド・オブ・ザ・ロード」のオーストラリア・ツアーの開始を遅らせることが発表されている。

キッスは現地時間11月16日にパースで行う公演からオーストラリアとニュージーランドを回るツアーをスタートさせる予定となっていた。

しかし、キッスは現在67歳のポール・スタンレーがインフルエンザにかかったために医師から長距離の移動を控えるように助言されたとして、予定通り11月16日にパース公演を行うことができなくなったことを発表している。

「待望されている『エンド・オブ・ザ・ロード』のツアーを11月16日の土曜日にパースからスタートさせるために、明日にはアメリカを飛び立つ予定になっていたんだ」とキッスは公式サイトに発表した声明で述べている。

「ひどいインフルエンザにかかってしまったために、ポール・スタンレーは医師から数日間の安静を助言されて、ロサンゼルスからパースまでの長距離移動を控えるように言われてしまったんだ」

キッスは日程を新たに現地時間11月19日のアデレード公演からオーストラリア・ツアーをスタートさせる予定となっている。11月16日に予定されていたパース公演については12月3日に振り替えられることが発表されており、当初同日に予定されていたニュージーランドのオークランドでの公演はキャンセルとなることも合わせて発表されている。

キッスはオークランドでの公演について「エンド・オブ・ザ・ロード」ツアーの今後の日程で振り替える予定だと述べている。

キッスはオーストラリア・ツアーを回った後で、12月に最後となる来日公演を行う予定となっている。

先日、キッスは「エンド・オブ・ザ・ロード」ツアーの2020年の日程として新たに75の追加公演を発表して、既にヘッドライナーを務めることが発表されているダウンロード・フェスティバルへの出演を含むヨーロッパでの一連の公演を来夏に行う予定だと報じられている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ