GETTY / FreeRodneyReed.com

Photo: GETTY / FreeRodneyReed.com

ビヨンセやリアーナ、プシャ・T、T.I.らは今月予定されているロドニー・リード死刑囚の死刑執行の中止を求める請願書に署名している。

ロドニー・リードは1996年にテキサス州バストロップでステイシー・スタイツを殺害した罪で現地時間11月20日に死刑が執行されることが決定している。しかし、現在51歳のロドニー・リードをめぐっては彼の無罪を証明し得る新たな証拠も浮上している。

黒人であるロドニー・リードは1998年に全員が白人の陪審員による裁判で死刑判決が言い渡されている。

「Change.org」で立ち上げられている死刑執行の中止を求める請願書には次のように記されている。「ロドニー・リードの無実を証明する証拠が山のようにあります。これらの証拠はすべて、彼に有罪判決を言い渡したすべての白人判事から隠されていたものです。しかし、この証拠は亡くなった被害者の婚約者によって示されたもので、被害者の地元の警察官であるジミー・フェネルは女性に対する暴行の罪を犯した過去があり、ロドニー・リードが誤って投獄された直後に誘拐と性的暴行の罪で逮捕されています」

300万人分の署名が目標に設定されている請願書には記事執筆時点で260万人分を超える署名が集まっており、その中にはビヨンセやリアーナ、実業家のリチャード・ブランソン、ミーク・ミル、プシャ・T、民主党の大統領候補であるバーニー・サンダース、クエストラヴらの署名も含まれている。

ビヨンセは自身のウェブサイトに掲載した声明で次のように述べている。「親愛なるテキサス州知事のグレッグ・アボット殿。どうかロドニー・リードの無実を示す重要な証拠に目を通してください。正直に、公平になるのです。彼の人生を取り戻してください。ビヨンセ」

「あと16日で彼は犯してもない犯罪のために処刑されるんだ」とミーク・ミルは現地時間11月4日にツイートしている。また、クエストラヴは次のようにツイートしている。「死刑の執行までわずかな日程しか残されていない無実の死刑囚がいるんだ。グレッグ・アボット知事にロドニー・リードを解放するように伝えるために、この請願書に署名する時間を取ってほしいんだ」

バーニー・サンダースは次のようにツイートしている。「我々は他の先進諸国の仲間入りを果たし、死刑制度を廃止しなければなりません。有色人種を筆頭に、多くの無実な人々がこの不当な政策に巻き込まれています。文明社会として、他のアメリカ人の殺害に関与すべきではないのです」

その他の著名人らによる投稿は以下の通り。

「1回クリックをして! 政府は無実の男性を殺害すべきじゃないって思うなら、この請願書に署名してほしい!」

「ロドニー・リードを解放するための請願書に署名してくれ! グレッグ・アボット知事、無実の男性への死刑執行を止めてくれ!」

「死刑制度を終わりにすべき時だ」

「グレッグ・アボット知事にロドニー・リードへの死刑執行の中止を求めるための請願書に署名したんだ。君たちにも署名してほしい!」

「Change.org」のページはこちらから。

https://www.freerodneyreed.com/

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ