Robert Freeman/The Beatles

Photo: Robert Freeman/The Beatles

ザ・ビートルズの有名なアルバム・ジャケットを手掛けたフォトグラファーであるロバート・フリーマンが亡くなった。享年82歳だった。

ロバート・フリーマンの作品はバンドの名作である『ウィズ・ザ・ビートルズ』、『ビートルズ・フォー・セール』、『ヘルプ!』、『ラバー・ソウル』のアルバム・ジャケットに使用されている。

ロバート・フリーマンは映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』、『ヘルプ! 4人はアイドル』の最後のシーケンスも手掛けている。

ポール・マッカートニーは自身のブログでロバート・フリーマンに追悼の意を表しており、「素晴らしい人物」で「ザ・ビートルズの最も象徴的なアルバム・ジャケットのいくつかを手掛けてくれた、最も好きなフォトグラファーの1人」と評している。

追悼文の全文訳は以下の通り。

「親愛なるロバート・フリーマンが亡くなった。ザ・ビートルズの最も象徴的なアルバム・ジャケットのいくつかを手掛けてくれた、最も好きなフォトグラファーの1人だった。見事にプロフェッショナルだった以上に、彼は想像性に富み、真の意味で独創的な考え方の持ち主だった。『ウィズ・ザ・ビートルズ』の顔が半分影で隠れた写真がスタジオで慎重にアレンジしたものだろうとみんな考えるんだけど、実は僕らが滞在していたホテルの廊下に窓から差し込んでいた自然光でロバートによってあっという間に撮られたものだった。撮影が終わるまでに30分もかからなかったと思う」

「ロバート・フリーマンは『ラバー・ソウル』も撮影してくれたんだけど、彼がよくやっていたのはスライド・プロジェクターを使って、撮影した写真を実際のアルバム・サイズのボール紙に投射してくれるというもので、僕らに実際に完成した時にどう見えるかという正確な見立てを与えてくれたんだ。その上映時に小さい机に留めてあったボール紙が後ろに落ちて、写真が引き伸ばされて映し出されたんだけどさ。もう一度ボール紙を置き直す代わりに、写真の引き伸ばされたものを使うというのに僕らは興奮してね。こういう風にプリントすることはできるよと彼が請け負ってくれたから、『ラバー・ソウル』というタイトルに完璧に合うものになったと思ったんだ」

「この素晴らしい人物を惜しむことになるよ。でも、彼との愛らしい思い出はずっと大切にしていくことになるよ」

ロバート・フリーマンは2014年に深刻な心臓発作に見舞われ、治療費をまかない、彼の写真のアーカイヴを保存するため、ジョン・レノンのポートレートの一つを売りに出していた。

ザ・ビートルズ以外においてはロバート・フリーマンはジョン・コルトレーンを初めとするアーティストの写真を撮影しているほか、『ザ・サンデー・タイムズ』紙でニキータ・フルシチョフといった政治的人物の撮影も行っていた。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ