GETTY

Photo: GETTY

オアシスの“Half the World Away”を使用した大手百貨店チェーンのジョン・ルイスのクリスマス・キャンペーンCMが公開されている。

昨日の報道通り、19歳のノルウェー出身のシンガーであるオーロラが同曲をカヴァーしている。

ジョン・ルイスのクリスマス・キャンペーンCMはこちらから。

オリジナルの“Half the World Away”はこちらから。

ジョン・ルイスのクリスマス用テレビCMに起用される曲を巡っては、大手のレコード会社の間でやりとりが行われ、関係者は秘密保持契約を結ばなければならないなど、情報は隠されている。候補選びは夏からスタートし、ジョン・ルイスと広告代理店がレコード会社に曲のリストの提供を求めるところから始まる。起用曲が決まるのは9月で、その曲を歌うアーティストが、レーベルが選んだアーティストたちの中から選ばれる。

過去6年間のCMで使われた曲は、すべてシングルとして発売されている。2009年はテイクン・バイ・トゥリーズがカヴァーした“Sweet Child o’ Mine”(ガンズ・アンド・ローゼズ)がチャートで23位、2010年はエリー・ゴールディングがカヴァーした“Your Song”(エルトン・ジョン)が2位、2011年にはスロー・ムーヴィング・ミリーによる“Please, Please, Please, Let me Get What I Want”(ザ・スミス)が31位、2012年と2013年には、ガブリエル・アプリンによる “The Power of Love”(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)とリリー・アレンによる“Somewhere Only We Know”(キーン)がそれぞれ1位を獲得している。昨年はトム・オデールが歌ったビートルズの“Real Love”が7位に入っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ