YouTube

Photo: YouTube

FKAツイッグスはメイダ・ヴェールで行ったパフォーマンス映像が公開されており、今週リリースの新作『マグダレン』の楽曲のほか、ビリー・ホリデイのバージョンでも知られるジャズ・スタンダード“Summertime”のカヴァーも披露している。

これはBBCラジオ1で放送されたアニー・マックの番組のために収録されたもので、FKAツイッグスはオペラ『ポーギーとベス』のためにジョージ・ガーシュウィンが作曲した“Summertime”からパフォーマンスをスタートさせている。

その後、彼女は『マグダレン』からのシングルとなる“Home With You”や“cellophane”をピアニストやストリングス、木管楽器と共に披露している。

番組ではライヴの後、アニー・マックによるインタヴューも行われており、その中でFKAツイッグスはメンタル・ヘルスの問題についても語っている。「歳をとるにつれて明らかになってきたの。自分のことが分かるようになって、ずっと最高なんて感じてないほうが大丈夫だってね」

メイダ・ヴェールでのセッション映像はこちらから。

絶賛された2014年発表の『LP1』に続くFKAツイッグスのセカンド・アルバム『マグダレン』は明日11月8日にリリースされる。アルバムからは“sad day”、フューチャーが参加した“Holy Terrain”も公開されている。

FKAツイッグスは現在『マグダレン』のリリースに伴う北米ツアーを行っており、ツアーは今月ヨーロッパまで続く予定となっている。11月26日にはロンドンのO2ブリクストン・アカデミーで、11月30日にはミラノのファブリークで公演が行われる予定となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ