GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュは来週新曲をリリースする予定だという。

現地時間11月6日、ビリー・アイリッシュはインスタグラムのストーリーで『ヴァニティ・フェア』誌の新たな記事は数週間公開されないことをファンに明かしており、その「代わり」として自身が来週新曲をリリースするとしている。

photoBillieScreenShot

先日、ビリー・アイリッシュは同じくインスタグラムのストーリーで、新曲の音源とデビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』に収録されている”Xanny”のミュージック・ビデオを公開することを明かしている。その投稿では、それぞれがリリースされる具体的な日時や時期については明らかにされていなかった。

先日、ビリー・アイリッシュの兄で共作者のフィニアス・オコンネルは彼女と共に新曲に取り組んでいることを明かしている。「Beats 1」のゼイン・ロウの番組に出演したフィニアス・オコンネルは「新作に向けたクリエイティヴなプロセスの深いところにいることは間違いない」と明かした上で、彼女について「とてもいい状態にある」と語っている。

一方で、ビリー・アイリッシュはセカンド・アルバムとなる次回作をレコーディングするプレッシャーに「悩まされている」と語っている。

「『私は音楽を楽しめている?』と思う時期があるんだけど、ツアーでは特にそう感じるの。ライヴ自体のことを言っているわけじゃないんだけどね」とビリー・アイリッシュは米『ローリング・ストーン』誌の「ミュージシャンズ・オン・ミュージシャンズ」の企画でグリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングに語っている。

「でも、移動して、ずっと1人で、ヨーロッパで寒いバスに乗り、ひどい食事をしていると、戻った時にみんなが先に行ってしまっているような感じがあるのよね。直近のツアーは初めて楽しめたものだった。今、目にしているのは素晴らしいものなんだと思ったかな」

ビリー・アイリッシュは2020年3月よりソールド・アウトとなっている北米ツアーをスタートさせる予定になっているほか、来夏には南米やUKでの公演も控えている。また、先日にはスペインのマドリードで開催される2020年のマッド・クール・フェスティバルに出演することも発表されている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ