PRESS

Photo: PRESS

FKJはバスとのコラボレーションとなるニュー・シングル“Risk”が公開されている。

バスはフランスのパリ出身、ニューヨークのクイーンズを拠点に活動するラッパーで、J. コールによるドリームヴィルと契約している。

“Risk”の音源はこちらから。

“Risk”の公開に伴ってFKJは11月12日にEP『イラン・イラン』がリリースされることも決定している。EPについてFKJは次のように語っている。「“Ylang”というのは僕がフィリピンのジャングルの中で数ヶ月間過ごした場所の名前なん だ。その場所と時間を記録した映画のようなコンセプチュアルなものにしたかった。昨年、6ヶ月間と てもへんぴな熱帯地方にスタジオを設置して時間を過ごしたんだ。ほぼ人が誰もいない場所だし、電気 もない。夜だけ発電機を使って音楽制作をしていた。最高に美しい景色、山、ビーチだった。僕にとっ て世界で一番お気に入りの場所の一つだ。そこで音楽を作るのは夢みたいだった」

FKJは2019年に入って、“Leave My Home”とコルトレーンとのコラボレーションとなる“Perfect Timing”という2曲の新曲が公開されている。

それぞれの音源はこちらから。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ