Pieter M Van Hattem/NME

Photo: Pieter M Van Hattem/NME

9月30日に3年ぶりとなる最新作『ディプレッション・チェリー』をリリースし、早くも10月16日にニュー・アルバム『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』をリリースしたビーチ・ハウスだが、ライヴにてウィーザーのカヴァーを披露している。

ビーチ・ハウスは11月5日にルクセンブルクのデン・アトリエでライヴを行っており、そのなかでウィーザーの“Undone– The Sweater Song”のカヴァーを披露している。

ビーチ・ハウスによる“Undone– The Sweater Song”のカヴァーはこちらから。

10月16日に急遽リリースされたニュー・アルバム『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』についてバンドは「すごく興奮してるよ。自分たちがやりたかった形でリリースできるアルバムなんだ」とツイッターで述べている。「このアルバムは、『ディプレッション・チェリー』とセットのものでもなければ、サプライズでも、Bサイドでもないんだ」

また、新作について以下のように語っている。「『サンク・ユア・ラッキー・スターズ』は私たちにとって6作目となるアルバムで、『ディプレッション・チェリー』を書き上げた後、2014年7月から11月にかけて制作され、『ディプレッション・チェリー』と同じタイミングでレコーディングされました。あっという間に曲はその歌詞や物語に引っ張られるように仕上がりました。私たちにとって、過去数作品からの旅立ちとなるような新しい作品です。政治的なテーマが感じられ、言葉で表すのは難しいですが、なぜか通常のやり方以外でのリリースをするべきだと感じました。ただ自然にこの世界に誕生し、存在し続けて欲しかったのです」

また、ウィーザーは先日2曲の新曲を公開している。

新曲“Do You Wanna Get High?”はこちらから。

“Thank God for Girls”のミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ