GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランのマネージャーであるスチュワート・キャンプは「行き過ぎ」にならぬよう本人を含めチームとして注意を払っていることを明かしている。

エド・シーランはここ10年にわたって巨大な成功を収め続けており、先日発表された2019年度版の「UKで最も裕福な30歳以下の著名人ランキング」では1位の座に輝いている。

BBCによる新たなインタヴューの中で2011年からエド・シーランのマネージャーを務めているスチュワート・キャンプは、音楽ファンはエド・シーランの音楽を聴くのに「うんざり」しているはずだとの指摘に応じている。

「誰にもエドに飽きてほしくないと思っていますが、彼はチャートの首位に立っているわけですし、それは難しいのかもしれません」と彼は「BBCイントロデューシング」 のポッドキャスト「ダーズ・マイ・ミュージック・サック?」に出演して語っている。「公平な結果であるのか確認したくなりますよね」

「私たちは行き過ぎにならないよう、細心の注意を払っています。奇妙なことに、私たちはこの10年、行き過ぎのような状態が続いてしまっていますが、誰も飽きていないように思えます」

彼は次のように続けている。「あまりにもエド・シーランにならぬよう、私たちはとても気をつけているのです」

エド・シーランは2017年、同年にリリースしたアルバム『÷(ディバイド)』に収録されたシングル“Shape of You”でスポティファイにおける史上最多再生回数の記録を更新している。その後、同曲はオンラインでの記録的な再生回数なども貢献してイギリスで7 x プラチナに認定されている。

全英シングル・チャートを集計するオフィシャル・チャート・カンパニーは同年、エド・シーランによるチャートの独占を受け、特定のアーティストによるチャートの独占を防ぐ目的でチャートを集計する際の新たな基準を導入することを発表している。オフィシャル・チャート・カンパニーの代表取締役であるマーティン・タルボットは当時、新たな基準の導入について「新たな音楽をサポート」するためだと説明している。

また、エド・シーランはジャスティン・ビーバーとのコラボレーションによる“I Don’t Care”でスポティファイにおいて今夏にUKで最もストリーミングされた楽曲のランキングでも首位に立っている。

一方、プリンスは未公開文書の中で音楽業界が「ケイティー・ペリーやエド・シーランを無理矢理押し付けている」として批判していたことが明らかになっている。

「何度流れようとも、僕は彼らの音楽が嫌いだ」と彼は未公開文書の中で述べている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ