PRESS

Photo: PRESS

クイーンのギタリストであるブライアン・メイは著書『QUEEN in 3-D』の日本語訳版『QUEEN in 3-D クイーン フォト・バイオグラフィ』が2020年1月24日に刊行されることが決定している。

この写真集はブライアン・メイが3D専用カメラで、バンド結成の頃から撮りためてきた立体(3D)写真に加え、新たに3D加工されたクイーンのメンバーの写真が収められたもので、海外では2017年5月に発売されている。シンコーミュージックによって直輸入版が同年、日本発売されているが、翻訳版が発売されるのは今回が初めてであり、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の制作秘話が付加されてイギリスで2018年10月刊行にされたセカンド・エディションの翻訳版となる。

日本語訳版には特別に書き下ろされた「日本版への序文」も掲載されるとのことで、その中でブライアン・メイは次のように述べている。「1970年頃、世界を変えるという意気込みでバンドを結成して以来、クイーンの音楽は年齢、人種、肌の色、信条などのあらゆる障壁を超え、人々の心をつかんできた。クイーンが成し遂げてきたことはぼくの誇りであり、成功を手にしていくなかで、メンバーが味わった喜びや楽しさ、感動を、本書を通じて分かち合えたら、こんなに嬉しいことはない」

購入者にはブライアン・メイ氏直筆サイン入りギターレプリカ「レッド・スペシャル」、ブライアン・メイ氏直筆サイン色紙、オリジナル・クリアファイルが当たるプレゼントも実施されるという。

本書の概要は以下の通り。

『QUEEN in 3-D クイーン フォト・バイオグラフィ』
<仕様・価格>
完全日本語翻訳版
発売日:2020年1月24日
定価:5,400円+税 (日本版限定特製ブックケース付き)
発売元:株式会社 NHK出版

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ