GETTY

Photo: GETTY

アヴリル・ラヴィーンとホールジーはロサンゼルスでアヴリル・ラヴィーンの楽曲である“Girlfriend”のパフォーマンスで共演を果たしている。

ホールジーは現地時間10月25日に1960年代〜90年代までのロックスターをテーマとしたパーティーをロサンゼルスで開催している。アヴリル・ラヴィーンもこのパーティーに出席しており、ホールジーに加わる形で“Girlfriend”を披露している。

ファンが撮影したその時の模様はこちらから。

マドンナのコスプレをしてこのハロウィーン・パーティーに出席するため、アヴリル・ラヴィーンは5年ぶりとなるツアーを一時休止している。ホールジーはマリリン・マンソンの格好をしており、インスタグラムでも自身の格好を披露している。

この投稿をInstagramで見る

resident goths. @marilynmanson

halsey(@iamhalsey)がシェアした投稿 –

先日、ホールジーは2018年のオーディション番組「ザ・ヴォイス」で女性ダンサーと一緒にパフォーマンスを行ったことで、同性愛嫌悪のメッセージや殺人予告を受け取ったことを明かしている。

昨年の「ザ・ヴォイス」のシーズン最終回でホールジーはジェイド・チノウェスと共にパフォーマンスを行っており、バイセクシャルであることを公言してきた彼女は当時のことを振り返っている。

「みんな『こんなレズビアンのクズがなんで俺のテレビに?』という感じだった」とホールジーは『ザ・タイムズ』紙に語っている。「私の携帯の電話番号がリークされ、Eメールのアドレスもリークされ、こういうショートメールが送られてきたわ。『お前をすぐにレイプしてやる』ってね。悪質よね」

アヴリル・ラヴィーンは2020年5月に来日公演を行うことが決定している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ