GETTY

Photo: GETTY

カート・コバーンはニルヴァーナとして出演した『MTV アンプラグド』で着用していたカーキ色のカーディガンが33万4000ドル(約3630万円)で落札されている。

20万ドル(約2170万円)から30万ドル(約3260万円)の間という想定価格を上回る33万4000ドルで落札されることとなったこのカーディガンだが、オークションを主催したジュリアン・オークションによれば、33万4000ドルという落札価格はオーディション史上、カーディガンに付けられた最も高額な落札価格だという。

一度も洗濯されていないというこのカーディガンは2015年11月にも売りに出されており、当時14万800ドル(約1500万円)の値で落札されていた。

先日、カーディガンの当時の落札者で、今回改めて売りに出すことに決めたギャレット・クレジアンは米『ローリング・ストーン』誌によるインタヴューに応じて、ロックンロールの歴史にまつわるカーディガンを所有したことであまりにも大きな重圧を感じることになったと明かしている。

「開封してすぐに、『ああ、今は私にこの一品に対する責任があるのだと』という思いが込み上げてきたのです」と彼は米『ローリング・ストーン』誌に語っている。「何年も前に子供たちが生まれた時と同じような気持ちでした。彼らと出会えた喜びを感じながらも、その後は『参ったな』とも思うわけですから」

ニルヴァーナによる『MTV アンプラグド』のパフォーマンスはカート・コバーンが27歳で亡くなる5ヶ月前の1993年11月に収録されている。同番組でのパフォーマンスはその後、1994年4月にカート・コバーンが亡くなった後で『MTV・アンプラグド・イン・ニューヨーク』としてライヴ・アルバムとしてリリースされている。

今回、カート・コバーンにまつわるアイテムとしてはこのカーディガンの他に、彼が1993年にニルヴァーナの『イン・ユーテロ』ツアーで使用していた左利き用フェンダー・ムスタングのカスタム・ギターも出品されており、このギターは34万ドル(約3690万円)で落札されている。

また、ジュリアン・オークションによる今回のオークションに出品された他のアイテムとしては、エルヴィス・プレスリーが1976年に乗っていた1000ccのハーレーダビッドソン・XHLスポーツスターが10万6250ドル(約1150万円)で落札されているほか、彼が1974年に乗っていたゴールドのメルセデス・ベンツ450SLクーペは12万5000ドル(1350万円)で落札されている。

オークションでは他に、マイケル・ジャクソンがエリザベス・テイラーの65歳の誕生日パーティーや映画『ゴースト』のプレミアで着用したヴェルヴェット・ジャケットが、1万ドル(約108万円)から2万ドル(約217万円)という当初の想定価格を大きく上回る6万5625ドル(約713万円)で落札されている。

一方、カート・コバーンの遺産管理者は先月、新たなアパレル・ラインを立ち上げたことを発表している。

「カート・ワズ・ヒア」と題されたコレクションはカート・コバーンの娘であるフランシス・ビーン・コバーンがキュレートしたもので、Tシャツやスウェット、パーカーなどで構成され、カート・コバーンの描いたスケッチや手書きのメモがあしらわれている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ