Dave Benett

Photo: Dave Benett

リアム・ギャラガーは「ジュールズ倶楽部」に出演して最新作『ホワイ・ミー? ホワイ・ノット』に収録されたシングル“The River”を息子のジーン・ギャラガーと共にパフォーマンスしている。

現在18歳のジーン・ギャラガーはドラマーとしてこの日のパフォーマンスに参加しており、テクノロジーからの逃避や現代の若者たちへの共感が歌われた“The River”のパフォーマンスにはうってつけのキャスティングとなっている。

現地時間10月24日に放送された「ジュールズ倶楽部」でのパフォーマンスは、オアシスが2009年に解散して以来、ギャラガー家の2人が公の場で共演した初めての機会となっている。

「ジュールズ倶楽部」でのパフォーマンス映像はこちらから。

リアム・ギャラガーは来月よりUKでアリーナ・ツアーを行うことが決定している。

先日、リアム・ギャラガーはインタヴューの中で自身の強みと弱みと考えていることを明かしている。

セカンド・アルバム『ホワイ・ミー? ホワイ・ノット』を先月リリースしているリアム・ギャラガーは『GQ』誌によるインタヴューに応じて、自身のドキュメンタリー『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(原題)』で語っていた発言についての質問に答えている。リアム・ギャラガーは同作の冒頭で次のように語っている。「俺は自分がいかに素晴らしいかも、いかに最悪かも知っているよ」

当該の発言の真意について訊かれると、リアム・ギャラガーは次のように答えている。「強みとしては、いい健康状態で歌っている時の俺は誰にも触れられないということでね。ヴォーカルのテクニックについて言っているのではなく、その勢いについて言っているんだけどさ。気に入ってさえもらえれば、俺はそれであらゆる人たちを一つにできるわけでね」

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ