GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは兄のノエル・ギャラガーが結婚式に出席しないと発言したことに言及している。

リアム・ギャラガーは今年8月にデビー・グィザーと共に訪れたイタリアのアマルフィ海岸で彼女にプロポーズをしており、来年結婚する予定となっている。確執が続いているノエル・ギャラガーと妻のサラ・マクドナルドを結婚式に招待するかどうか訊かれると、以前、リアム・ギャラガーは次のように語っていた。「もちろん招待するよ。お袋が『招待しなきゃダメよ』って言うからな。するだろうね。招待状が家に届くことになるよ」

しかし、ノエル・ギャラガーは10月21日にロンドンで開催されたBMIアウォーズの場で結婚式には出席しない意向を明かしている。「俺はあいつの過去4回の結婚式も招待されてないからな。今回のに行くことはないよ」とノエル・ギャラガーは語っている。ちなみにリアム・ギャラガーとデビー・グィザーの結婚式はリアムにとって3回目となっている。

この発言を受けてリアム・ギャラガーは次のようにツイートしている。「俺たちはみんな、そうしとかないととかって思っていることを許し、忘れる能力があるし、お前が弟と一緒にいたくてしょうがないことはみんな分かってるんだ。お前の奥さんがそうさせないだけだろ。まあ、いいけどさ」

先日、リアム・ギャラガーはオアシスを再結成したい意向を改めて示し、再結成にあたってノエル・ギャラガーと兄弟に戻ることが最も重要だと語っている。

リアム・ギャラガーはスコットランドの『ヘラルド』紙によるインタヴューの中で、オアシスが再結成する可能性について次のように語っている。「(再結成が)実現してほしいかって? 当然だよ。俺たちは解散すべきじゃなかったんだからさ」

続けて再結成が実現する条件について質問されると、リアム・ギャラガーは次のように答えている。「オアシスがいかに偉大だったかっていうことがひっきりなしに言われているわけだけどさ。俺たちは世界最大のバンドだったわけではないんだ。イングランドではビッグな存在だったし、ヨーロッパでも少しハネたけどさ。まだやるべきことがたくさん残っているんだよ」

「最も重要なのは、俺とあいつがもう一度兄弟に戻るということでね。それが実現しなければ、バンドも実現しないんだ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ