GETTY

Photo: GETTY

ビリー・アイリッシュはソーシャル・メディアでファンの間で繰り広げられている自身をめぐる口論に言及して、お互いに穏やかになるようにファンに呼びかけている。

ビリー・アイリッシュは現地時間10月18日にインスタグラムのストーリーに投稿した動画の中で、自身のフォロワーたちが「私が知らないことのために私を擁護してくれている」のを見たとして、具体的な内容には言及せずに、お互いに穏やかに接してほしいとしてファンに次のように語りかけている。

「みんなが私について何を擁護してくれているのか知りたいとも思わないわ。私についての悪口を見ることになると思うとね」とビリー・アイリッシュは語っている。「そういうものは目に入れないようにしているの。ウンザリするほど見てきたから」

「私がどうしてこういうことをしているかというと、みんながお互いにすごく意地悪に当たっているからよ。私の人生だし、私は悪く言われたって気にしないわ。悪口は常に言われているし、それに関してはまったく問題ない。すっかり慣れてるしね。もう気にしていないの。愛や応援の言葉をたくさんもらってるから、悪口なんかは私にとって重要じゃないの」

「私を守ろうとしてくれているのは分かるんだけど、誰かを擁護する時に、その相手よりも意地悪になってしまっている時があるでしょ。そんなのはフェアじゃない。もっとお互いに優しくなってほしい、本当に。みんな大切な存在なんだから」

ファンによって公開されている当該の動画はこちらから。

先日、ビリー・アイリッシュはオースティン・シティ・リミッツ・フェスティバルでのパフォーマンスの最中に指輪を盗まれて、その反応でファンを驚かせている。

ビリー・アイリッシュはこの日、観客の中を練り歩いてファンらと握手を交わした後で、ステージに戻って指輪の一つがなくなったことに言及している。「誰かが私の指輪を盗んだの」と彼女は語り、次のように続けている。「思うに、私の落ち度ね。とっておいて。大切にしてね」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ