GETTY

Photo: GETTY

ヤングブラッドはオンライン上で行われた質疑応答の中でLGBTQ+のファンやメンタル・ヘルスの問題を抱えたファンに対する支持する姿勢を表明している。

ヤングブラッドはファンからの様々な質問に答える中で自身の見識を明かしており、質問にビデオ・メッセージで答えている。

「LGBTQ+のファンに対して最善のアドバイス」を求められたヤングブラッドは次のように答えている。「この地球上にいる人々一人一人が、各々の愛したい人を愛し、誰しもから愛される権利を持っている。それだけさ。おしまい、以上だね。これが気に食わないという人は妄想的だよね」

また、その後の質問では、ヤングブラッドはストレスや不安とうまく付き合うコツについて語り、自身の抱えている葛藤にも触れている。

「自分も両方ともを抱えているんだ。だけど、調子のいい時にそうしたものを自分が抱えていて、自分に起こっていることなんだと受け入れることで、息を取り戻せるんだ」

「そうしたことを理解してくれる人に囲まれていると、あらゆることが大丈夫になるんだよね。深呼吸をして、調子を取り戻して、自分が経験していることとそれもいずれは終わることを理解するっていうね。きっとうまくいくよ」

質疑応答ではヤングブラッドは今年のハロウィーンの予定についても明かしているほか、自身のコスメ・ブランドを立ち上げる可能性についても示唆している。

先日、ヤングブラッドはドラマ『13の理由』でのメンタル・ヘルスの問題に関する描写を擁護し、いかに『13の理由』の中に自身の葛藤を見出すことができるかについて語っている。

「本当に重要な番組だと思っているんだ」とヤングブラッドは『NME』に語っている。「あの番組について多くの賛否両論があるわけだけどさ。それは不安を抱えることを美化しているようにみんなが考えているからだよね。でも、自分はそうは思わないんだ。優れたアートがやるべきことをやっているんだよ。それは普段はみんなが語らない主題に焦点を当てるということだよね」

「あの番組がきっかけになるとか不快だとか言う人もいるけどさ。自分自身、不安や憂鬱を抱えていて、そうしたことがたくさん僕の人生にはあったんだ。でも、それよりも大変なことが分かるかい? 自分に起こってることを理解してくれない人がいることなんだよ」

彼は次のように続けている。「自分としてはあの番組は、そうした問題がよくあることとして理解してくれない人たちに理解や教養を与えてくれるものだと思う。『そういう時期なんだろ』と言って、不安なんかを理解してくれない人もいるからね。僕はこの番組には重要なものだと思うよ」

先日、ヤングブラッドはイマジン・ドラゴンズのダン・レイノルズとのコラボレーションとなる最新シングル“Original Me”をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ