Ross Halfin / PRESS

Photo: Ross Halfin / PRESS

デフ・レパードのギタリストであるヴィヴィアン・キャンベルは先日、脊髄の手術を受けたもののツアーを続けることを明かしている。

ヴィヴィアン・キャンベルは2012年にヴィニー・アピスやアンドリュー・フリーマンと結成したライフ・イン・ラインの公演が10月15日からスタートしているほか、デフ・レパードとして11月2日にトヨタ・アンフィシアターで公演を行うことも決定している。

衛星ラジオ局「シリウスXM」の番組「トランク・ネイション」に出演したヴィヴィアン・キャンベルは手術を受けてもライヴを続けることについて次のように語っている。「今、背中に難があってね。先週の水曜日に脊椎の手術を受けたんだ。だから、今も背中に冷却パックを押し当てながらここに座っているんだ」

「今後数週間は(デフ・レパードやラスト・イン・ラインの)ライヴに値するものをやるのは大変だろうね。すごくゆっくりしか動けないしね。でも、ステージに立って、ギターを演奏して、歌うことができるのは分かってるし、それこそが僕に必要なことのすべてだからね」

彼は次のように続けている。「その間の移動は非常に大変なものになるんだろうけどさ」

ヴィヴィアン・キャンベルは2013年にホジキンリンパ腫と診断され、近年は健康問題を抱えてきており、そのことについては次のように説明している。「ガンに関しては、今はひたすら点滴を受けているよ。明日も(ガン専門の病院である)シティ・オブ・ホープに行って、また点滴を受けるんだけどさ。その後3、4週間は正常になるんだ。要はメンテナンスだよね。僕が思うに万事順調さ」

ガンとの闘いは一生抱え続けていくことになるかと尋ねられると、ヴィヴィアン・キャンベルは次のように応じている。「今のところは踏みとどまっている状況だね。それが4年も続いているんだ。こうして小康状態に留めておけるほど、早い段階でガンを発見できたことは本当に幸運だったよ」

デフ・レパードは今年6月に90年代のキャリアを総括するボックス・セット『CDコレクション Vol. 2 デフ・レパード』がリリースされている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ