GETTY

Photo: GETTY

トム・ヨークはアメリカのテレビ番組で最新作となる『ANIMA』の楽曲を披露したパフォーマンス映像が公開されている。

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは現在ソロとしての最新作『ANIMA』を引っ下げた北米ツアーを行っている。

「ジミー・キンメル・ライヴ」に出演したトム・ヨークは同作より“Traffic”、“Twist”、“Dawn Chorus”の3曲を披露している。

パフォーマンスの映像はこちらから。

トム・ヨークは先日、2020年6月よりヨーロッパ・ツアーを行うことを発表している。UKではグラスゴーとマンチェスターで公演を行った後、ロンドンで2公演を行うことが決定しており、その後ヨーロッパを回る予定となっている。ツアーではトム・ヨークのソロ作やアトムス・フォー・ピースの楽曲、最新作『アニマ』からの楽曲が披露される。

先月、トム・ヨークはローレン・ラヴァーンが司会を務めるBBCラジオ4の番組「デザート・アイランド・ディスク」に出演して、元パートナーであるレイチェル・オーウェンの死や、レディオヘッドで得た名声についてR.E.M.のマイケル・スタイプにいかに助けられたかについて語っている。

また、トム・ヨークはかつてBBCの社交ダンス番組「ストリクトリー・カム・ダンシング」への出演を依頼されたことがあることも明かしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ