GETTY

Photo: GETTY

サード・マン・レコーズはザ・ホワイト・ストライプスの初期の頃を振り返る新たなポッドキャストをスタートさせ、最初となる2回のエピソードが配信されている。

「ストライプド:ザ・ストーリー・オブ・ザ・ホワイト・ストライプス」と名付けられたこの番組は、ジャック・ホワイトによるサード・マン・レコーズと「ミスファイア・メディア」による共同プロデュースとなっており、ケンタッキー州出身のジャーナリストであるショーン・キャノンが司会を務めている。

サード・マン・レコーズによる番組の説明では次のように述べられている。「20年前、ザ・ホワイト・ストライプスは実際にシーンに登場しました。ジャック・ホワイトとメグ・ホワイトはデビュー・アルバムをリリースし、人々を驚かせ、ペイヴメントとツアーをし、時には山を乗り越えながら、世界中をロックンロールで支配する種を蒔いたのです」

「第1シーズンでは、それを直接目撃してきた人々によって語られる物語を聴くことができます」

公開されている番組のトレイラー音源はこちらから。

番組の第1シーズンではMC5やペイヴメント、ザ・ラカンターズ、ザ・デトロイト・コブラズ、ザ・ダートボムズ、ソウルダッド・ブラザーズのメンバーや、映像作家のランス・バングスらによるインタヴューが放送される予定となっている。

「ストライプド:ザ・ストーリー・オブ・ザ・ホワイト・ストライプス」は現在アップルのほか、主要な各プラットフォームで最初の2回のエピソードが配信されている。

アップルでのポッドキャストの視聴はこちらから。

https://podcasts.apple.com/us/podcast/striped-the-story-of-the-white-stripes/id1480770652

先月、ザ・ホワイト・ストライプスは解散前最後となった2007年の公演の音源がライヴ・アルバムとしてリリースされている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ