GETTY

Photo: GETTY

トム・ヨークは現地時間10月6日に行った公演でレディオヘッドの“Like Spinning Plates”をソロとして9年ぶりにパフォーマンスしている。

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは現在ソロとしての最新作『ANIMA』を引っ下げた北米ツアーを行っている。

トム・ヨークは現地時間10月6日にアトランタのフォックス・シアターで行われた公演でレディオヘッドの2001年発表のアルバム『アムニージアック』に収録された“Like Spinning Plates”をソロとしてほぼ10年ぶりとも言える形で披露している。

観客が撮影したパフォーマンス映像はこちらから。

トム・ヨークはこの日、“Like Spinning Plates”の他にも、ソロとしての最新作『ANIMA』や2014年発表の『トゥモローズ・モダン・ボクシーズ』、2006年に発表したソロ・デビュー作『ジ・イレイザー』からの楽曲を中心に、アトムス・フォー・ピースの楽曲や昨年リリースしたホラー映画『 サスペリア』のサウンドトラックからの楽曲も披露している。

『NME』は4つ星をつけたレヴューの中で『ANIMA』について次のように評している。「本作は巧妙に作られたアルバムの形をした強烈な夢物語であり、我々が預言者であるトム・ヨークを信じ続ける運命にあることが示唆されている」

トム・ヨークは現地時間10月9日にニューオーリンズで公演を行い、北米ツアーを再開する予定となっている。

先月、トム・ヨークはローレン・ラヴァーンが司会を務めるBBCラジオ4の番組「デザート・アイランド・ディスク」に出演して、元パートナーであるレイチェル・オーウェンの死や、レディオヘッドで得た名声についてR.E.M.のマイケル・スタイプにいかに助けられたかについて語っている。

また、トム・ヨークはかつてBBCの社交ダンス番組「ストリクトリー・カム・ダンシング」への出演を依頼されたことがあることも明かしている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ