GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーはおよそ50年前にウイングスとのツアーで使用したサイケデリックなデザインのバスが売りに出されることが明らかになっている。

2階建てとなっているこのバスは現地時間10月8日よりマージーサイドのオメガ・オークションで競売にかけられる予定となっており、1万5000ポンド(約197万円)から2万5000ポンド(約329万円)の値が付けられると見込まれている。

このバスは元々、1950年代から60年代にかけてエセックスやノーフォークで路線バスとして走っていたもので、その後ポール・マッカートニーが購入して1972年の夏にウイングスとツアーを行った際に使用している。

バスはその後、テネリフェ島にあるロック・カフェで展示された後で、カフェのオーナーの自宅の庭に設置されていた。「10年ほど前に所有者のもとを訪れ、彼の家の裏庭で朽ちてしまっていたバスを見つけたのです。『私に譲ってください』と私は伝えました」とバスの現在の所有者であるジャスティン・ジェイムスはBBCに語っている。

今回出品されることになったバスは以下の映像から確認することができる。

「そのバスをどうするのがいいのか、私には分かりませんでしたが、テネリフェの荒地で朽ち果てたままにしてはいけないと思ったのです。バスは地面に埋められた状態になっており、アクセスも悪かったことから、(現在置かれているオックスフォードシャーに)移動させるまでに8年はかかりました。私たちはクレーンを使い、ここまで持ってくることができたのです」

ジャスティン・ジェイムスはこのバスについて、当初は音楽を学んでいる子供たちのために使ってもらおうと計画していたものの、実現できなかったとして次のように語っている。

「誰かがエンジンをかけてくれるはずだと思っていますが、残念ながらそれは私ではありませんでした」とジャスティン・ジェイムスは語っている。ジャスティン・ジェイムスはこのバスに累計で2万5000ポンドを費やしたことを明かして、競売でそれ以上の値段で落札された場合には、子供たちの支援活動を行っているチャリティー団体「アームズ・アラウンド・ザ・チャリティ」に収益をすべて寄付する意向を示している。

先日、ザ・ビートルズは失われていたと考えられていた映像がウェールズで発見され、パンの容器の中で保管されていたことが明らかになっている。

映像は、とある家を掃除していた時に発見されたものとのことで、ザ・ビートルズの4人が1965年にカーディフでインタヴューを受けた際の映像が収められているという。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ