YouTube

Photo: YouTube

フレディ・マーキュリーは“Living On My Own”のミュージック・ビデオのリマスター・バージョンが10月4日にYouTubeで公開されている。

このミュージック・ビデオの新バージョンは10月11日にリリースされるフレディ・マーキュリーのソロ作品を集めたボックスセット『ネヴァー・ボーリング』に先立って公開されている。

4K画質で再アップロードされた“Living On My Own”のミュージック・ビデオは、1985年にミュンヘンで行われたフレディ・マーキュリー39歳の誕生日パーティーで撮影されている。

この誕生日パーティーにはボーイ・ジョージやスティーヴ・ストレンジ、メアリー・オースティンらを含む300名が出席している。ミュージック・ビデオは「乱交のように認識される」との理由から放送が禁止された逸話で知られている。

新たに更新された“Living On My Own”のミュージック・ビデオはこちらから。

ボックスセット『ネヴァー・ボーリング』はフレディ・マーキュリーの73回目の誕生日を記念してリリースされる。ボックスセットには全32曲を収録したCD3枚、12本のミュージック・ビデオが収録されたDVD/ブルーレイ、10インチx10インチのハードカバーのブックレットが同梱されており、クイーン以外のフレディ・マーキュリーの作品をまとめたものとなっている。。

ボックスセットには『Mr. バッド・ガイ』を新しくミックスし直した11曲入りのスペシャル・エディション、モンセラート・カバリェも参加している9曲入りアルバム『バルセロナ』スペシャル・エディションが収録される。

新たにミックスされた11曲入りヴァージョンのアルバム『MR.バッド・ガイ』に加え、9曲入りスペシャル版の『バルセロナ』が入っている。『バルセロナ』はモンセラート・カバリェとの共作となっている。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』にフレディ・マーキュリー役を務め、アカデミー主演男優賞を獲得した俳優のラミ・マレックはボックスセットのタイトル『ネァー・ボーリング』について次のように述べている。 「フレディは極端だった。彼は絶対的だった。彼は妥協を許さなかった。彼は100かゼロだった。フレディ・マーキュリーは、決して飽きさせることがなかったんだ」

クイーン+アダム・ランバートは2020年にUKを含む「ラプソディ」ツアーのヨーロッパ・ツアーを行うことが発表されている。クイーン+アダム・ランバートは今夏の北米公演から「ラプソディ」ツアーをスタートさせており、UKでは来年6月にマンチェスターとロンドンで6公演を行うことが明らかになっている。

クイーン+アダム・ランバートは2020年6月2日にロンドンのO2アリーナからUKツアーをスタートさせ、同会場で計5公演を行った後で6月11日にマンチェスター・アリーナで公演を行う予定となっている。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ