GETTY

Photo: GETTY

ニルヴァーナのクリス・ノヴォゼリックはニッケルバックに向けられた「FOXニュース」のキャスターによる発言をめぐり、バンドを擁護する姿勢を示している。

ニッケルバックをめぐっては、アメリカのドナルド・トランプ大統領が先日、ニッケルバックのミュージック・ビデオを使った映像をツイートしたことが話題となっている。当該のツイートはその後、著作権侵害の申し立てを受けて現在は映像が観られない状態となっている。

映像はドナルド・トランプ大統領が来年の大統領選挙で対決する可能性のある民主党のジョー・バイデン候補を揶揄するために投稿したもので、その後、ニッケルバックから著作権侵害の申し立てを受けている。

現在は削除されている当該の映像は、ジョー・バイデンが「ウクライナでの海外ビジネスについて息子と話をしたことはない」と発言している動画の後で、ニッケルバックの“Photograph”のミュージック・ビデオが続くものとなっていて、「この写真を見てくれ/いつも笑ってしまうんだ」という歌詞の部分が使われ、ジョー・バイデンと息子のハンター・バイデンがウクライナのガス会社の取締役とゴルフをする写真が映し出されるものとなっている。

このニュースは「FOXニュース」や同局の「ザ・デイリー・ブリーフィング・ウィズ・ダナ・ペリーナ」などでも取り上げられており、FOXのクリス・スティアウォルトはその中でニッケルバックを社会主義になぞらえている。

クリス・スティアウォルトは次のように述べている。「我々の世代やその上の世代たちはニッケルバックという災難と激しく闘い、エモ・ポップ・バラードによる90年代のロックの危険性を示してきました」

「今や新しい世代たちは過去の警告を忘れ、そうした考えを遊び半分に利用しているのです。とても危険なことだと言えるでしょう」

クリス・ノヴォゼリックはクリス・スティアウォルトの発言を受け、ツイッターでニッケルバックを次のように擁護している。「このアホは一体何様なんだ? ニッケルバックは力強いポップ・ロック・バンドなわけで、俺は大好きだよ!」

「それに、彼らはカナダ人だからな。アメリカというのは社会主義と資本主義による微妙な婚姻関係のおかげで機能しているわけでね。その中で押したり引いたりをやっているわけでさ。その外縁から無理矢理に主張しようとする奴らにはウンザリなんだよ」

先日、これまでに何度もドナルド・トランプ大統領を批判してきたことで知られる俳優のロバート・デ・ニーロは米大統領を改めて批判して、彼を「ギャングスタ」になぞらえている。

「僕らは今、この男がギャングスタのように君臨している国で生活しているわけでね」とロバート・デ・ニーロはCNNの番組に出演して語っている。

「彼は登場してから、様々な発言をして、様々なことを行ってきたわけでね。僕らは恐ろしい状況にあると、これまでに何度も言ってきたんだ。僕らは恐ろしい状況にいるんだよ。そんな恐ろしい状況の中で、この男は今も立ち止まることなく君臨しているんだ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ