PRESS

Photo: PRESS

チャーチズは来たるプレイステーション4用のゲーム・ソフト『デス・ストランディング』のサウンドトラック『デス・ストランディング:タイムフォール』より表題曲となる新曲“Death Stranding”の音源が公開されている。

『デス・ストランディング:タイムフォール』はゲーム・クリエイターの小島秀夫が手掛ける同名のゲーム・ソフトのサウンドトラックで、アルバムにはチャーチズのほか、ブリング・ミー・ザ・ホライズンやメジャー・レイザー&カリード、オーラ&アラン・ウォーカー、ザ・ネイバーフッド、フローラ・キャッシュ、ミシオ、カサビアンのサージ・ピッツォーノによるザ・S.L.P.らが参加していることが明らかになっている。

チャーチズによる“Death Stranding”の音源はこちらから。

「私たちは昔から小島監督の作品のファンだったので、彼と仕事をする機会を頂けることになり、とても興奮しました」とチャーチズは述べている。

「小島監督はゲーム界の中で、素晴らしいヴィジョンを持っている存在なので、このプロジェクトに関わることができて光栄に思います。『デス・ストランディング』のコンセプトは唯一無二で、自分たちが作る世界を思いやる心を持つようにと、人々に訴えかけるような作品だと強く感じています。それが例えゲームの中であっても、現実世界であっても。この曲は、ゲームのテーマ性や込められているメッセージを考えながら、『デス・ストランディング』のために書き下ろしました」

ゲームのトレイラー映像はこちらから。

チャーチズは昨年、小島秀夫の大ファンであることを明かしていた。

「実を言うと、小島さんが僕に電話をくれたんだ。僕らは(彼が手がけた)『メタルギアソリッド』シリーズの大ファンでね。彼は神様のような存在なんだよ。ゲーム業界におけるアイコンのような人なんだ」とチャーチズのマーティン・ドハーティは語っている。

『デス・ストランディング』は11月8日に発売されることが決定しており、サウンドトラック『デス・ストランディング:タイムフォール』はその前日となる11月7日にリリースされる予定となっている。

サウンドトラックのリリースの詳細は以下の通り。

VARIOUS | ヴァリアス
『DEATH STRANDING : Timefall (Original Music from the World of Death Stranding) | デス・ストランディング:タイムフォール(オリジナル・ミュージック・フロム・ザ・ワールド・オブ・デス・ストランディング)』
2019年11月7日(木)配信リリース
01.Trigger (Major Lazer & Khalid) | トリガー (メジャー・レイザー&カリード)
02.Ghost (Au/Ra & Alan Walker) | ゴースト (オーラ&アラン・ウォーカー)
03.Death Stranding (CHVRCHES) | デス・ストランディング(チャーチズ)
04.Yellow Box (The Neighbourhood) | イエロー・ボックス (ザ・ネイバーフッド)
05.Meanwhile…In Genova (THE S.L.P.) | ミーンホワイル…イン・ジェノヴァ (ザ・S.L.P.)
06.Ludens (Bring Me The Horizon) | ルーデンス (ブリング・ミー・ザ・ホライズン)
07.Born In The Slumber (flora cash) | ボーン・イン・ザ・スランバー (フローラ・キャッシュ)
08.Sing To Me (MISSIO) | シング・トゥ・ミー (ミッシオ)

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ