PRESS

Photo: PRESS

マーク・ロンソンは最新作より“Don’t Leave Me Lonely”のミュージック・ビデオが公開されている。

イェバが参加している“Don’t Leave Me Lonely”は今年6月にリリースされたマーク・ロンソンの通算5作目のアルバム『レイト・ナイト・フィーリングス』に収録されている。

“Don’t Leave Me Lonely”のミュージック・ビデオはこちらから。

先日、マーク・ロンソンはサピオセクシャルであることを自覚したという先日の自身の発言をめぐって謝罪している。

米『ローリング・ストーン』誌とのインタヴューの中で、マーク・ロンソンは他者の知性に魅かれることを意味する「サピオセクシャルであることを自覚した」という先日放送されたテレビ・インタヴューでの自身の発言を釈明している。

マーク・ロンソンのこの「カミング・アウト」は世間から批判を受けることになっており、多くの人がLGBT+コミュ二ティの人々に使われるべきだと指摘している。

「僕は自分のことを疎外されているコミュニティの一員だとは考えてないし、もし誤解したり不快に思った人がいたのなら謝るよ」とマーク・ロンソンは釈明している。

「『みんな、ビッグ・ニュースがあるんだ!』って感じでテレビ番組に出たように見えただろうし、それから異性愛者の白人男性である自分自身を疎外されているコミュニティの一員であると、多少なりとも宣言したという事実には、ゾッとさせられるというか、ただただ恥ずかしいよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ