GETTY

Photo: GETTY

ニック・キャノンは元妻のマライア・キャリーに対する発言をめぐる2000年代後半のエミネムとの論争を振り返っている。

エミネムは2001年から定期的に、マライア・キャリーと交際していたと語っている一方で、マライア・キャリー本人はこれを否定している。両者はお互いを批判をする楽曲をリリースしており、マライア・キャリーは2009年に発表したシングル“Obsessed”のミュージック・ビデオでエミネム風に扮したラッパーをパロディーにしているほか、エミネムは同年のシングル“The Warning”でマライア・キャリーを批判している。

マライア・キャリーと2008年から2016年まで結婚していたニック・キャノンは今回、エミネムとのコラボレーション歴もあるラッパーのT.I.が司会を務めるポッドキャスト「エクスペディシャスリー」に出演して、当時についてエミネムと対峙する準備もできていたと明かしている。

「確か俺たちがアフリカかどこかから飛行機で帰っている時に、あの野郎が曲を出したんだったと思うんだけどさ。くだらないやつをね」とニック・キャノンは語っている。「ビッチだったり、娼婦だったり、彼女についてあらゆることを言っていたんだ。俺としては、『彼女は俺の妻だ。これは俺の新しい人生なんだよ』って思ったわけでさ」

「まずは手紙を書いたんだ。当時ツイッターが既にあったかどうかは分からないんだけどさ」とニック・キャノンは続けている。「『いいか、お前のことはアーティストとしてリスペクトしているし、お前のファンでもある。それに、史上最高の1人だとも思っているよ。ただ、2人の男同士として、お前は俺の妻に最低なことを言っているんだ。お前には説明責任がある。ぜひ面と向かって話したいね。何が起きるにせよ、面と向かった時にしてくれよ』ってね」

ニック・キャノンは最終的にエミネムから謝罪があったことを認めた上で、次のように続けている。「どんな人間でも彼に責任を追わせることはできないんだ。あいつを懲らしめることなんてできないんだよ!」

ニック・キャノンはエミネムを探すために彼の拠点であるデトロイトを訪れようとしていたことも明かしている。「妻に男らしい部分を見せたいと思ったんだ」とニック・キャノンは当時を振り返っている。「『お前をラップで打ち負かすことができないのは分かっているけど、お前をぶっ飛ばしてやる』って言ったんだ」

エミネムやマライア・キャリーは現時点でニック・キャノンのコメントに何も語っていない。一方、エミネムは現在ニュー・アルバムに取り組んでいることが報じられている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ