GETTY

Photo: GETTY

モーターヘッドの初代ギタリストであるラリー・ウォリスが亡くなった。享年70歳だった。

ラリー・ウォリスはモーターヘッドのほか、ピンク・フェアリーズのメンバーとしての活動や、スティッフ・レコードのプロデューサーとしての仕事でも知られている。ラリー・ウォリスの死因は現時点で明らかになっていない。

ラリー・ウォリスは様々なプログレッシヴ/メタル・バンドへの加入を経て、1975年にモーターヘッドに参加している。

ラリー・ウォリスはピンク・フェアリーズに在籍していた当時、後のモーターヘッドのヴォーカリストとなるレミー・キルミスターが在籍していたホークウインドと頻繁に共演していたことがきっかけで、レミー・キルミスターと親しい間柄になっている。

ラリー・ウォリスはモーターヘッドのデビュー・アルバム『オン・パロール』で4曲のソングライティングに携わっていたものの、レコード会社からリリースを拒否されたことが引き金となり、1976年にモーターヘッドを脱退している。『オン・パロール』はその後、バンドが成功を収めた後で1979年に正式にリリースされている。

ラリー・ウォリスはモーターヘッドを脱退後、ピンク・フェアリーズに再加入して、同時期にはマッドネスやイアン・デューリー・アンド・ザ・ブロックヘッズらが所属していたスティッフ・レコードでプロデューサーも務めている。ラリー・ウォリスはパンク・シンガーであるレックレス・エリックの2枚のアルバムをプロデュースしたことで知られている。

ラリー・ウォリスは1977年から1991年にかけ、“Police Car”と“Leather Forever”のシングルやEP『トゥルース、ジャスティス・アンド・ア・ホールサム・パックド・ランチ』をリリースしているほか、2001年には唯一となるソロ・アルバム『デス・イン・ザ・ギターアフタヌーン』をリリースしている。

ラリー・ウォリスは1987年にピンク・フェアリーズが解散した後でザ・デヴィアンツに加入し、3枚のアルバムをリリースしている。

ラリー・ウォリスは1970年にT.レックスを脱退したスティーヴ・トゥックによって結成されたシャグラットに加入して、音楽のキャリアをスタートさせている。ラリー・ウォリスはその後、ブロドウィン・ピッグやUFOへの参加を経てモーターヘッドに加入している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ