GETTY

Photo: GETTY

50セントによれば、エミネムはかつてスヌープ・ドッグやドクター・ドレーとの大規模なツアーを断ったことがあるという。

50セントはラッパーのビッグ・ボーイによる番組「ビッグ・ボーイTV」に出演して、エミネムがかつて「総額で1億ドル(約107億円)」にのぼるオファーを受け取っていたことを明かしている。しかしながら、エミネムは長期におよぶツアーで娘のヘイリーにしばらく会えなくなってしまうことを理由にそのオファーを断ったのだという。

「きっと信じられないくらいの金額を稼げていただろうね」と50セントは語っている。「提案されたツアーはものすごく日程の多いものだったんだけど、エミネムは『ツアーから帰ってきた時にヘイリーが大きくなってしまっているのは嫌だよ』っていう感じだったんだ」

50セントは先日、ロサンゼルスのラジオ局「リアル 92.3」の番組に出演して、エミネムが現在ニュー・アルバムに取り組んでいると語っている。

「彼がアルバムを送ってくれてね。ちょうど取り組んでいるんだよ」と50セントことカーティス・ジャクソンは語っている。「彼には特別な何かがあるんだよ。いまだに世界で最も売れているラップ・アーティストなわけでね。俺たちはまさに取り組んでいるところなんだ」

一方、ポスト・マローンは先日、9月6日にリリースした最新作『ハリウッズ・ブリーディング』でエミネムとのコラボレーションを計画していたことを明かして、共に楽曲制作に取り組む時間を確保できなかったために実現しなかったと語っている。

「とんでもないレジェンドなわけでさ」とポスト・マローンは「Beats 1」のゼイン・ロウの番組に出演してエミネムについて語っている。「俺たちは何もかもがうまくいっていたんだけど、タイミングが合わなくてね。時間が合わない時もあるわけでさ。そのうち時間が取れるんじゃないかな」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ