GETTY

Photo: GETTY

ザ・ストーン・ローゼズのマスコミ担当者は、バンドが2016年のライヴ日程を発表した後にニュー・アルバムをリリースするとした、最近のタブロイド紙の報道についてコメントを拒否している。

11月3日の朝、『ザ・サン』紙は、「音楽関係者」の話として、ザ・ストーン・ローゼズのニュー・アルバムが準備中である可能性があると、次のように報じている。「ザ・ストーン・ローゼズのファンたちは常に新しい楽曲を願ってきたが、どうやらその願いが実現しようとしているようだ」

また、その情報源によると、「2012年にバンドが再結成した時点では、何も具体的なプランはなかった。しかし今、彼らはニュー・アルバムのレコーディングに向けてすべての準備が整ったと感じている」という。

『NME』はバンドの担当者に連絡を取ったが、「昨日発表したプレスリリースに関して、これ以上コメントはありません」との返答を得ている。そのプレスリリースには、2016年の3つのライヴの詳細が含まれていた。

先日(11月2日)、マンチェスター・シティのエティハド・スタジアムでの2公演と、夏に行われるT・イン・ザ・パークでザ・ストーン・ローゼズがヘッドライナーを務める予定が発表されている。

バンドは来年の6月17日と6月18日に、マンチェスター・シティの本拠地であるエティハド・スタジアムで2公演を行い、さらに来年のT・イン・ザ・パークの7月8日のヘッドライナーを務めることが明らかになっている。チケットは11月6日の午前9時30分から発売される。

今回の発表は、11月2日にマンチェスターのレコード店などにレモンが描かれたポスターが掲示された後、行われた。バンドのアルバム・アートワークやポスターに過去にも登場したレモンのイメージがマンチェスター周辺に掲示され、グレイター・アンコーツ・ストリートのクロース・バーバー・ショップやヒルトン・ストリートのヴィニル・リヴァイヴァル・レコードで目撃が確認されていた。

また、ブックメーカーのベットフェアによればザ・ストーン・ローゼズは、来年のグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナー候補の2番手となっている。

これはアデルに次ぐもので、来年のグラストンベリー・フェスティバルの土曜日のヘッドライナーになるのではないかと見ているという。

ベットフェアのコーム・ロックは「ザ・ストーン・ローゼズがグラストンベリー・フェスティバルの土曜日のヘッドライナーになるオッズは、10/1から2番手の7/2まで下がっています」と語っている。

【独占配信】ドキュメンタリー『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』をディズニープラスで見る 広告

Copyright © 2024 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ