GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは自身の結婚式に疎遠になっている兄のノエル・ギャラガーを招待するつもりであることを明かしている。

リアム・ギャラガーは先月、デビー・グィザーと共に訪れたイタリアのアマルフィ海岸で彼女にプロポーズをしており、来年結婚する予定となっている。リアム・ギャラガーは3度目の結婚について「興奮している」と語っている。

『ザ・ミラー』紙のインタヴューの中でリアム・ギャラガーは次のように語っている。「もう一度結婚する準備はできているよ。彼女よりも俺のほうが興奮しているんだ。これはすごいことになるだろうね」

リアム・ギャラガーはこれまで女優のパッツィ・ケンジット、オール・セインツのニコール・アップルトンと結婚しているが、今回の結婚が「3度目の正直」になるだろうと語っている。

10年前にオアシスを解散して以降、確執が続いているノエル・ギャラガーと妻のサラ・マクドナルドを結婚式に招待するかどうか訊かれると、リアム・ギャラガーは次のように応じている。「もちろん招待するよ。お袋が『招待しなきゃダメよ』って言うからな。するだろうね。招待状が家に届くことになるよ」

しかし、リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーが実際に出席するかについては期待できないとしている。「あいつらは来ないだろうけどさ」と彼は語っている。「けど、分からないよな。前にも言った通り、何かしらのオープニングにとかは行ってるわけだからね。オープンしたらすぐに、『ねえ、ノエル、ダーモット・オレアリーみたいな服を来て、出かけるわよ』って感じになるかもしれないしな」

先週、リアム・ギャラガーはノエル・ギャラガーとの一連の論争に言及して、ノエル・ギャラガーはもう自分のことを「好きではない」と確信したと語っている。

リアム・ギャラガーは、以前はノエル・ギャラガーが心の奥底では自分を愛してくれていると感じていたものの、今はそうは感じていないと語っている。

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ