Danny Clinch

Photo: Danny Clinch

アラバマ・シェイクスのリード・ヴォーカル/ギタリストのブリタニー・ハワードは初のソロ・アルバム『ジェイミー』よりロバート・グラスパー、ネイト・スミスと共演した“13th Century Metal”のスタジオ演奏映像が公開されている。

この曲はロバート・グラスパーとネイト・スミス2人によるスタジオでのジャム・セッションから誕生した曲で、「とにかくバンドの時とは違う。これまですごく幅広いタイプの音楽を聴いてきたし、今回は曲ごとに自分が伝えたいことを伝える上で一番説得力がある声、それを伝えるために必要な声を、自分の中から引き出したの。型にはめないようにして」と語っている。

“13th Century Metal”のスタジオ演奏映像はこちらから。

ソロ・デビュー盤のタイトル「ジェイミー」はブリタニー・ハワードの姉の名前から付けられた。ピアノの手ほどきや詩の書き方を教えてくれた姉は、病気のため10代の若さでこの世を去った。姉はミュージシャンでもあったという。「タイトルは姉を偲んでのもの。間違いなく私をひとりの人間として形成してくれた人だから」と彼女は語っている。「でも、アルバムの内容は姉についてではなく、自分についてのもの。私は自分自身のことや自分が何者であるか、何を信じているかについてかなり率直なの。だからこのアルバムは独りで作る必要があったの」

ソロ・アルバム『ジェイミー』は9月18日に日本先行発売される。

リリースの詳細は以下の通り。

ブリタニー・ハワード
『ジェイミー』(Jaime)
2019年9月18日国内盤先行発売
CD: SICP6199 / 定価¥2400+税
1.ヒストリー・リピーツ (第1弾シングル公開中)
2.ヒー・ラヴス・ミー
3.ジョージア
4.ステイ・ハイ
5.トゥモロー
6.ショート&スウィート
7.13 th センチュリー・メタル
8.ベイビー
9.ゴート・ヘッド
10.プレゼンス
11.ラン・トゥ・ミー

Copyright © 2019 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ