GETTY

Photo: GETTY

ザ・カーズのシンガーにしてギタリストであるリック・オケイセックが亡くなった。享年75歳だった。

NBC 5の報道によれば、現地時間9月15日午後4時頃に緊急通報を受けた警察はニューヨークのイースト19番地にあるタウンハウスで意識不明のリック・オケイセックを発見したという。「ピッチフォーク」によれば、彼はベッドにいて、その場で亡くなったことが宣告されたとされている。リック・オケイセックの身元はその後、警察によって確認されている。

リック・オケイセックは1949年3月23日にメリーランド州バルティモアで生まれ、10代の頃に家族と一緒にオハイオ州クリーヴランドに移住している。ここでベーシストにしてシンガーのベンジャミン・オールと出会い、ミルクウッド、キャップン・スウィングといったいくつかのバンドでコラボレーションを行っている。彼らは1976年にギタリストのエリオット・イーストン、キーボーディストのグレッグ・ホークス、ドラマーのデヴィッド・ロビンソンとザ・カーズを結成している。

ザ・カーズはニュー・ウェイヴ・バンドとして1978年発表の『錯乱のドライブ』、1979年発表の『キャンディ・オーに捧ぐ』、1984年発表の『ハートビート・シティ』といったアルバムで即座に成功を収めている。ザ・カーズは1988年に解散したものの、2010年に再結成し、アルバム『ムーヴ・ライク・ディス』を発表している。昨年、バンドはロックの殿堂入りも果たしている。

リック・オケイセックはスーサイド、バッド・ブレインズといったバンドのプロデュースでも知られており、90年代にはウィーザー、バッド・レリジョン、ノー・ダウト、ガイデッド・バイ・ヴォイシズといったバンドをプロデュースしている。

ソーシャル・メディアでは追悼の声が寄せられており、ジェイソン・イズベルやビリー・アイドルらが追悼の意を表している。

投稿は以下の通り。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ