GETTY

Photo: GETTY

アデルは夫であるサイモン・コネッキーと破局したことを発表してから5ヶ月を経て、正式に離婚を申請したことが明らかになっている。

「TMZ」によれば、現在31歳のアデルは現地時間9月12日に離婚を申請したという。

アデルの担当者であるベニー・タランティーニとカール・フィッシュは今年の4月19日に声明で彼女が破局したことを認めて次のようにコメントしている。「アデルと彼女のパートナーは破局しました。2人は息子を一緒に愛を持って育てていくことに従事しています。これまで通り、プライバシーには御配慮いただければと思います。これ以上のコメントはありません」

アデルはこれまでにサイモン・コネッキーとの破局について公の場で言及していない。アデルとサイモン・コネッキーは5年間の交際を経て、2016年に入籍したと報じられていた。プライベートな生活をあまり公にしないことで知られるアデルは、2017年のグラミー賞授賞式でサイモン・コネッキーと結婚したことを認めている。

アデルはその後、2017年3月にワールド・ツアーの一環として行ったオーストラリアでの公演で「私は結婚したの」とファンに報告している。

一方、アデルは5月5日に31歳の誕生日を迎え、ニュー・アルバムのリリースを示唆するメッセージを投稿している。

アデルは現地時間5月5日に自身のインスタグラムで自身の30年を振り返っている。「31歳よ。ありがとう、神様。30歳の年は私に試練を与えたけど、今は自分のものにして、すべてを受け入れようとしているところ」

彼女は次のように続けている。「過去10年間で初めて、周囲の世界を感じて、今回こそは目を向ける準備ができたの」とアデルは述べ、ジョークを交えてニュー・アルバム『30』のリリースをほのめかしている。「『30』はみんなを悩ませるようなドラムンベースのアルバムになるわ。元気を出して」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ