GETTY

Photo: GETTY

カート・コバーンの遺産管理者は新たなアパレル・ラインを立ち上げたことを発表している。

「カート・ワズ・ヒア」と題されたコレクションはカート・コバーンの娘であるフランシス・ビーン・コバーンがキュレートしたもので、Tシャツやスウェット、パーカーなどで構成され、カート・コバーンの描いたスケッチや手書きのメモがあしらわれている。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、スケッチや手書きのメモは尊厳を保つため、服のために編集などは行われていないという。

この投稿をInstagramで見る

#KurtWasHere #KurtFeels #KurtCobain

Kurt Cobainさん(@kurtcobain)がシェアした投稿 –

このコレクションはカート・コバーンの遺産管理者のビジネス部門であるジ・エンド・オブ・ミュージックとライヴ・ネイション・マーチャンダイズのパートナーシップによるものとなっている。このコレクションはバーニーズ、セルフリッジズ、カート・コバーンのオフィシャル・オンライン・ストアで販売される。

https://kurtcobainshop.com/

ライヴ・ネイションは米『ローリング・ストーン』誌で次のように述べている。「アートの重要性はことのほか今日の社会的・政治的空気の中で大きくなっており、カート・コバーンの作品のコレクションをアーティストやコレクター、ファンと共有するのにふさわしい時期であり、カートの遺産を新たな形で体験し、世界に今なお与えている影響をみんなで祝福したいのです」

今年5月、カート・コバーンは生前最後の写真撮影で撮影されたカーディガンが7万5000ドル(約825万円)で落札されている。

また、先月、シアトルにあるイージー・ストリート・レコードはニルヴァーナが『ネヴァーマインド』をリリースする前のカート・コバーンの印税の小切手を発見している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ