GETTY

Photo: GETTY

リル・ナズ・Xは最新EP『7』に収録されている“Panini”についてカート・コバーンの娘であるフランシス・ビーン・コバーンがニルヴァーナの“In Bloom”のメロディーを使うことを承認してくれたと明かしている。

リル・ナズ・Xは同曲に“In Bloom”のメロディーを使うことになった経緯を明かして、無意識のうちに使ってしまっていたものの、フランシス・ビーン・コバーンから承認をもらうことができたと語っている。

リル・ナズ・Xは衛星ラジオ局「シリウスXM」に次のように語っている。「“Panini”の一部を公開した時に、みんなから『驚いたな、ニルヴァーナを使っているよ』って言われてね。僕としたら、『どこがだ? ニルヴァーナをサンプリングしてなんかいないし、ビートはニルヴァーナのものじゃない』っていう感じだったんだけどね。それで、“In Bloom”を通しで聴いてみたところ、『なるほどね』ってなったんだ」

リル・ナズ・Xは次のように続けている。「カートの娘(のフランシス・ビーン・コバーン)から連絡をもらってね。彼女がこの曲を承認してくれたんだ。“Old Town Road”のミュージック・ビデオは最高だったとも言ってくれてね……実を言うと、これがきっかけで(“In Bloom”が収録されている)アルバムを初めて聴いてみたんだ。『ネヴァーマインド』は聴いたことがなかったんだよ」

大ヒット曲“Old Town Road”に続けてリリースされた、“In Bloom”のメロディーが使われた“Panini”にはカート・コバーンもソングライターの一人としてクレジットされている。

“Panini”と“In Bloom”のそれぞれの音源はこちらから。

リル・ナズ・Xは先月、MTVビデオ・ミュージック・アウォーズの授賞式でビリー・レイ・サイラスとの“Old Town Road (remix)”が最優秀楽曲賞を受賞している。

リル・ナズ・Xはカントリーとトラップを融合させた“Old Town Road”が全米シングル・チャートで19週連続で首位を獲得し、同チャートにおける1位の最長記録を打ち立てている。“Old Town Road”の19週連続1位という記録は、ビリー・アイリッシュの“Bad Guy”によって止められている。

リル・ナズ・Xは先日、自身のデビュー・アルバムをリリースするまでに「少なくとも70曲」はレコーディングしたいと語っている。

一方、フランシス・ビーン・コバーンは今年6月にインスタグラムでさらなる新曲の一部を公開している。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ