GETTY

Photo: GETTY

ブロッサムズは通算3作目となる来たるニュー・アルバムのレコーディングが終わったことを明かし、よりギター中心の「バンドらしい」サウンドになることを明かしている。

ブロッサムズは2016年にセルフ・タイトルのデビュー・アルバムを、2018年4月にセカンド・アルバムの『クール・ライク・ユー』をリリースしており、本作はこれに続くものとなっている。

フロントマンのトム・オグデンはまだタイトルの明かされていない新作のレコーディングが終わったことを明かし、近い将来にリリースしたいとしている。

「レコーディングがまさに終わったところで、今後数ヶ月の間にはリリースしたいと思っているよ」とトム・オグデンは『デイリー・スター』紙に語り、続けて新作のサウンドについても語っている。

「これまでの2枚のようなサウンドじゃないんだ」と彼は語っている。「セカンド・アルバムはシンセ寄りだったけど、今回は再びもっとリアルだね。いわゆる『バンドらしい』感じさ、ギターを少し増やしてピアノも混ぜてね。ライヴの緻密さがすごくあるんだよね」

ブロッサムズは今年6月にシングル“Your Girlfriend”を、またそのB面曲として“Torn Up”をリリースしている。

ブロッサムズは9月7日にロンドンで1夜限りのスペシャル・ライヴを行うことが決定しており、サポート・アクトとしてシェイムとミステリー・ジェッツが出演する。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ