GETTY

Photo: GETTY

ギブソンはクリス・コーネル・モデルの限定ギターを発売することを発表している。

現地時間8月27日に発表された「クリス・コーネル ES-335」は2017年5月に亡くなったサウンドガーデンのフロントマン、クリス・コーネルにオマージュを捧げたセミ・アコースティックギターとなっている。

この特別なギターは現地時間9月3日からギブソンの正規販売店を通じて世界中で販売されるという。予約が8月27日の発表と同時に開始されており、詳細はこちらから確認することができる。

https://www.gibson.com/Guitar/MEMQ9N633/Chris-Cornell-ES-335-Tribute

「クリス・コーネルは史上最もアイコニックなシンガー・ソングライターの一人であるばかりでなく、音楽のジャンルと世代を超越する遺産を残したモダンな革新者でした」とギブソンのチーフ・マーケティング責任者のシーザー・グイキアンは語っている。

「クリスはこのギターに夢中になり、彼のクリエイティヴな表現の一部となりました。クリスを記念したES-355を発表することができて光栄です。クリスは特別なアーティストでした。ファンにとってこのギターが——クリスがそうしたように——サウンドとインスピレーションを発見することの手助けになることを願っています」

このES-355は今年1月に行われたクリス・コーネルの追悼コンサートで初めて公開されていた。「アイ・アム・ザ・ハイウェイ」と題されたコンサートはロサンゼルスのフォーラムで開催され、サウンドガーデン、メタリカ、ライアン・アダムス、フー・ファイターズらがパフォーマンスを披露している。

一方、サウンドガーデンの残されたメンバーは先日クリス・コーネルと取り組んでいた多数のデモからニュー・アルバムを制作するという計画を明らかにしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ