GETTY/PRESS

Photo: GETTY/PRESS

キース・リチャーズは2016年4月にザ・ローリング・ストーンズでスタジオに戻って、新しい音源に取りかかりたいと語っている。

ザ・ローリング・ストーンズのギタリストであるキース・リチャーズは、9月18日に通算3作目となるソロ・アルバム『クロスアイド・ハート』をリリースしており、ザ・ローリング・ストーンズは現時点での最新作である2005年作品『ア・ビガー・バン』からは10年が経っている。

キース・リチャーズは先日バンドの4人のメンバーで会って、新作のレコーディングを行うことに同意したことを認めており、今回『ザ・サンデー・タイムズ・マガジン』に語っている。「もう奴らも若くなることはないわけでさ。ただ、同時によくなっているわけでもあってね。ツアーを熱いうちに終えて、4月に奴らをスタジオに押し込みたくてたまらないよ」

また、バンドの長いキャリアについて驚いていることも明かしており、「ここまで来られるとは一度も考えたことがなかった」と語っている。

キース・リチャーズはしばらくはバンドが解散するつもりもないと、解散の噂を否定している。「ストーンズ解散の噂は1975年くらいからツアーの度に聞いているよ」

「いつ辞めるのか興味があるんだとしたら、俺たち自身のはずだけどさ。とりわけ本人たちは解散について興味がないんだよね」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ