GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975は現地時間8月23日にヘッドライナーとして出演したレディング・フェスティバルで来たる新作『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム』の未公開曲を披露している。

ザ・1975は8月22日に新作からのシングルとなる“People”をリリースしており、同曲でレディング・フェスティバルのステージを始めている。

ザ・1975はステージの中盤に差し掛かったところで黄色のイメージをスクリーンに投影し、マット・ヒーリーは観客に次のように語りかけている。「『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム』だよ。よろしく」披露されたのはグルーヴィーなインストゥルメンタルによる楽曲で、2020年2月21日にリリースされる新作のサウンドを予感させるものとなっている。

観客が撮影したパフォーマンス映像はこちらから。

同じくこの日に初披露された“People”のパフォーマンス映像はこちらから。

『NME』のトマス・スミスは“People”について次のように評している。「先月、ザ・1975はプロテスト・ソングをリリースした。気候変動に対する環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリが参加した同曲のメッセージは明白だった。私たちは地球を限界に追い込もうとしているということ。『すべてを変える必要がある。それを今日から始めなければならない』とグレタ・トゥーンベリはイントロとして収録される新たな“The 1975”の中で語りかけている。『ありとあらゆる人々に呼びかけるわ。今こそ市民として反抗すべき時よ。反逆の時がきたの』」

「ザ・1975はメッセージに従って、バンドの新曲“People”は破壊と反逆を歌った楽曲となっている。自身に否定的な人々や使い捨てのポップ・ミュージックだと拒絶する批評家たちに向け、自己を破壊することで彼らに反発しようとしているのだ。彼らは革命を起こそうとしているのである」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ