GETTY

Photo: GETTY

フー・ファイターズは8月25日に行ったレディング・フェスティバルのステージでオアシスの再結成を呼びかけるキャンペーンを行うと語っている。

ドラマーのテイラー・ホーキンスはバスドラにノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの写真を掲げており、それを受けてオアシスに言及している。

オアシスは2009年8月にノエル・ギャラガーがこれ以上リアム・ギャラガーと続けられないと脱退したことを受けて解散している。

クイーンの“Under Pressure”をカヴァーするにあたってデイヴ・グロールがドラムについた際にテイラー・ホーキンスはレディング・フェスティバルの観客に次のように語っている。「近いうちにオアシスは戻ってくるよ。近いうちにね」

デイヴ・グロールも「取り組んでいるところなんだ」と語っている。

テイラー・ホーキンスは次のように続けている。「取り組んでいるところなんだよ。ぜひ署名してくれ。ここにいるみんながね。いいかい?」

「どれだけ多くの人がオアシスをライヴをやるのを観たいんだい?」とデイヴ・グロールも観客に呼びかけている。

多くの歓声を受けたテイラー・ホーキンスは「実現するよ」と語り、オアシスの再結成が実現しないのはギャラガー兄弟にお金がありすぎるからだと冗談を飛ばしている。

その時の模様はこちらから。

フー・ファイターズはレディング・フェスティバルのステージでザ・プロディジーのキース・フリントに追悼の意を表している。キース・フリントは今年3月にエセックスの自宅で亡くなっているところを発見されている。享年49歳だった。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ